盗聴器発見調査は、プロである私達にお任せください。

安心できる生活。身近に迫るプライバシーの侵害からガルエージェンシーがお守りします。ご相談御見積無料フリーダイヤル0120-399-703



フォントサイズ変更
調査事例
調査事例1
ある女性から電話があり「中傷文が送られてきた。」内容は本人しか知らない内容ばかり。盗聴の可能性が有り女性のマンションを調べてみることになった。
解決方法
しかし、いくら捜しても盗聴器は見つからない。外はいつのまにか暗くなってきた。女性が部屋の電気をつけた瞬間、電界強度計の針が振れる。何かの電波をキャッチしたのだ。室内盗聴の危険が高まっている為、慎重に音を殺しながら室内の調査を行う。数分の後、寝室から盗聴器が発見される。盗聴器は男友達からプレゼントされたぬいぐるみの中に入っており、それも最新式の携帯電話型盗聴器で、いつでも好きな時に盗聴できる代物だった。室内の明かりが灯った為、犯人は対象が帰宅したとでも思ったのだろう。それでスイッチを入れたのだ。その後ご依頼者様との協議の上、警察に被害届けを提出し、無事解決の運びとなった。
調査事例2
マンションで母親と暮らしている男性から「盗聴されている気がする」という問い合わせがあり、部屋を調査することになった。
解決方法
部屋に入って受信機のスイッチを入れた途端、早速電波をキャッチした。そこで仕掛けられている場所を特定するために室内を入念に調査。しかし、盗聴器を確認することが出来ない。
電波を辿っていくと、外にある配電盤から盗聴器が見つかった。実は盗聴されていたのは男性が住む部屋ではなく、隣室だったのだ。隣に住んでいるのは若い夫婦。彼らに事情を説明し、犯人を突き止めるために協力してもらうことになった。
盗聴器はそのままにしておき、夫婦には我々に「明日盗聴発見をお願いしたいんですけど」とわざと電話をしてもらう。それを犯人が聞いていれば、必ず外しにやってくるに違いない。その夜、調査員が配電盤が見える位置で張り込んでいると、案の定一人の男が盗聴器を外しにやってきた。その様子をビデオに録画。夫婦にその男の顔を確認してもらうと、
「これ、下の階に住んでいる○○さんです!!」
次の日の夜、調査が終わったものと思い込んだその男は、再び盗聴器を設置するためにやってきた。もちろんその様子もビデオ録画し、それを証拠として警察へ届け出ることになった。




東京本部 ご相談窓口(無料)
大阪本部 ご相談窓口(無料)
コラム領域
Google
フォントを小さく フォントを大きく フォントサイズをリセット